So-net無料ブログ作成

ブルーボトルコーヒー清澄白河店の場所・アクセス・地図はここ!


ブルーボトルコーヒーの日本初出店となった「清澄白河ロースタリー&カフェ」。

住所・営業時間・アクセス・最寄駅・地図などをまとめました。

実際にお店に足を運ぶ際には、ぜひ参考にしてくださいね(^^)

画像出典:Casa BRUTUS





住所:東京都江東区平野1-4-8


「清澄白河」の名は、現在の正式な住所名としてはありませんが…


『清澄』と『白河』は、江東区(以前の深川区を含む)のこの辺りに江戸時代から残る地名です。
この2つは、それぞれ別の地域として隣接してありました。

『清澄』は、かつて干潟だったこの地域を開拓したといわれる“清住弥兵衛”という人の名前より「清住町」と呼ばれていたのが、戦後の町村合併の際に「清澄町」と改称されたもの。

『白河』は、かつての白河藩主“松平定信”の墓所が、この地の「霊厳寺」というお寺に存在しているところから、近隣全体がこう呼ばれるようになったもの。

ちなみに、清澄と白河を含めたこの辺り一帯は“深川地域”といい、「深川」も歴史ある地名として名高いです。
「深川清澄」「深川白河」等と呼ばれることもあります。


2008年に都営地下鉄大江戸線が開通した際に、この地域に新駅を1つ建設することとなり、その駅名として、この2つの由緒ある地名を1つに“くっつけ”ました。

それが現在、都営大江戸線と東京メトロ半蔵門線の接続駅である「清澄白河駅」です。

画像:街ピタ


「清く澄んだ白い河」いかにも美しいネーミングに、この地域の持つ歴史的、芸術的、文化的香りがマッチし、この『清澄白河』という名前が、あたかも元から伝統をまとった一つの地名であるかのように、全国に知られていくこととなったようです。



営業時間:8:00~19:00 定休日:なし


年中無休で営業です。嬉しいですね(^^)

グラノーラやワッフル、クッキー、ケーキ、サンドイッチなど、ペイストリー系のフードメニューも充実しています。

コーヒーを飲みに行くだけでなく、朝食やちょっとしたランチに利用するのもよさそうですね。
画像:イベントチェッカー





アクセス・最寄駅


都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅より、徒歩10分(600m弱)


アクセス的には、決して利便性の高い場所とも言えないようです。

しかし、にもかかわらずオープン初日には300人以上が長い行列をつくり、ブルーボトルの特別なコーヒー1杯のために、2時間半も寒空の下で待ちました。


きっとこれからも、駅から10分の道のりも苦にせずに、清澄白河の古き良き下町の風情をゆっくりと堪能しつつ、青ボトルのロゴマークを目指して足繁く通う人たちが後を絶たないことでしょう。

画像:Hello World



地図は↓↓↓こちら






清澄白河には、「清澄庭園」「東京都現代美術館」など、歴史的文化や芸術の香り高いスポットが幾つかあります。

また、ブルーボトルの他にも、「アライズコーヒー(Arise Coffee Roasters)」や「クロップコーヒー(The Cream of the Crop Coffee)」等の有名なロースターカフェ(コーヒーを自家焙煎するカフェ)がたくさんあり、“東京随一のカフェテリア”とも称されるほどです。


ブルーボトルコーヒージャパンのジェネラルマネージャー、石渡康嗣氏は、日本第1号店の場所として清澄白河を選んだ理由を、

「静かで道路が広く、高い建物が少なく、サンフランシスコの街並みにもよく似ている。
空気がゆったりと流れており、地域や人々との繋がりを大事にしたい、そんなブルーボトルに相応しい雰囲気がある」


と述べています。


和風情緒の中にお洒落が垣間見える町、清澄白河をのんびりと散策がてら、ブルーボトルやその他こだわりの焙煎カフェで、味わい深いコーヒーとともに安らぎ溢れるひとときを過ごしてみたいですね。










nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © ナイス!トピックス All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。