So-net無料ブログ作成

【黒後愛さんの全てが分かる③】父も姉も春高バレー経験者

Ai12.jpg
        画像出典:月刊バレーボール

今年の春高バレーで見事に下北沢成徳高校を優勝に導き、MVPにも輝いた2年生のスーパーエース、黒後愛さん。

そんな黒後さんの、青春を賭けた汗と涙のバレーボール人生については、以前の記事で紹介しました。
【黒後愛さんの全てが分かる①】最高到達点も超高校級!木村沙織を超えるかも?
【黒後愛さんの全てが分かる②】女子バレー界ニューヒロインの密かな涙とは…?


全日本中学女子代表、アジアジュニア選手権の出場候補代表、世界ユース選手権代表…と華々しい経歴を重ね、年齢を追うごとに着実に全日本入り、そして世界の舞台へと近づいています。

そんな黒後選手ですが、バレーの練習以外の実生活は一体どんなふうなのでしょうか?

また、黒後さんの女子高生としての素顔も、少し気になりますよね。

そこでこの記事では、黒後愛さんの家族について、そして幾つかのメディアの取材から垣間見られた黒後さんの性格や普段の生活ぶりについて、分かることをまとめてみました。

【目次】

★見出しタイトルの一覧です。
ブログの仕様上、リンクはできませんが、スクロールして興味あるところからご覧くださいね。

1.黒後家はバレーボールの名門…サラブレッドとしての愛さん。

① お父さんの黒後洋さんは、バレーボールの名監督
② 愛さんのお母さんも、春高バレー経験者
③ お姉さんの黒後彩乃さんは、宇都宮大バレー部の選手
④ 愛さんの叔父、黒後昭さんは、愛さんと彩乃さんの中学時代の師匠

2.黒後愛さんの普段の生活は?

① 厳しい練習の中でも、楽しい寮生活。
② 早くも大物の予感…みんなが舌を巻く黒後さんの○○な性格とは?
③ 本当はとってもお茶目!愛さんの“いかにも女の子”な素顔とは?
④ 愛さんに彼氏はいるの?

3.なんと『セブンティーン』でも黒後さんを紹介!



【関連記事】

黒後愛さんについては、他にも4つの記事に詳しくまとめました。

↓↓下のインデックスページより、お好きな記事にジャンプしてご覧ください。
東京オリンピックのニューヒロインはこの人!黒後愛さん(バレーボール)関連記事

身長・プロフィール・最高到達点、驚異のバレー経歴、毎日のバレー漬けのスケジュールと練習ぶり、春高優勝への汗と涙のドラマ…その他、可愛い・すごい・感動的な画像集…etc.









1.黒後家はバレーボールの名門…サラブレッドとしての愛さん。


愛さんが生を受けた黒後家は、お父さん、お母さん、お姉さん、愛さんの4人家族。

そしてなんと、この4人全員が春高バレーの出場経験者です。すごいですね。
Ai-Ayano1.jpg
↑姉の彩乃さんがバレーをしていたので興味を持ち、8歳で地元のJrチームに入部。
その後、2人ともJOCカップ(都道府県対抗中学バレー)や春高バレーに出場しました。

画像出典:BS朝日「SPORTS X スポーツクロス」


これから詳しくご紹介していきますが、黒後家はまさにバレーボール一家、それも名門クラスと言えます。

愛さんのあの飛び抜けたセンスと実力は、本人の努力もさることながら、とても恵まれた血筋と環境の賜物でもあるのです。


① お父さんの黒後洋さんは、バレーボールの名監督


Kurogo-Hiroshi.jpg黒後愛さんのお父さんは、黒後洋(ひろし)さん。
現在は、宇都宮大学で教授をしておられます。

専門分野は体育学で、中でも体育やスポーツの原理・方法学を得意としておられるようです。


特にバレーボールのゲーム分析を中心とした研究を行っていらっしゃいます。

画像出典:フジテレビ「ジャパネット杯 春の高校バレー」

一方、宇都宮大学バレーボール部の監督を務めており、同部を関東の1部リーグに昇格させ、強豪の仲間入りを果たした名将です。

机上の研究だけでなく、実戦においても優れた理論的ゲーム展開を得意とされているのかもしれませんね。


けれども娘の愛さんに対しては、普段はほとんどバレーについては口を挟まないそうです。


余談ですが、下北沢成徳の小川良樹監督も、日頃の練習中には無言で選手たちの様子を見守るだけで、極力口出しをしないように心がけていると言います。

「何か言われないとやらない、そんな状態になってしまうと、高校を卒業したら自分で何かをやり遂げようという気持ちが失われてしまうような気がするので、こんなやり方になった」と小川監督は語っています。

黙っていることで、かえって生徒や選手の自主性を引き出すことができる。
いや、何も言わないからこそ、選手が自ら考えるようになる。
そんな最も明快で大事なことを、ただ信じるだけでなく現場で実践できる勇気と器の大きさ。

名指導者の条件というのは、案外そんなところにあるのかもしれませんね。






② 愛さんのお母さんも、春高バレー経験者


愛さんのお母さんについては、あまり詳しい情報が表には出ていませんが、どうやら元バレーボール選手で、春高バレーにも出場したことがあるようです。


③ お姉さんの黒後彩乃さんは、宇都宮大バレー部の選手。


愛さんのお姉さん、黒後彩乃(あやの)さんは、宇都宮大学の3年生に在籍。
現在は大学のバレー部で、名監督のお父さんの元で練習に励んでいるようです。

Kurogo-Ayano.png彩乃選手も愛さんと同じく、中学時代にJOCカップ(全国都道府県対抗中学バレーボール大会)へ出場しています。

左の写真、背番号1番が当時の彩乃さん。
右上は、栃木県代表監督を務めたお父さん、黒後洋さんです。



※画像:第22回JOCカップに出場したときのもの。
http://www.vtochigi.com/chu/H20/H20jocjyosireijyou.pdf
こちらより引用させていただきました。



高校時代には、國學院栃木高校から春高バレーに出場しました。
國學院栃木は、バレー選手やプロ野球選手、ラグビー選手などを多数輩出している、スポーツの名門中の名門校です。

現在では、宇都宮大学女子バレー部の主将兼エースを務めている模様です。

動画を見つけましたので共有しておきますね(2015年秋期関東大学リーグ)。



手前コートの右側、鮮やかなスパイクを決めた背番号1番の選手が、黒後彩乃さんです。

お姉さんのバレーの実力も、素晴らしいものがあるようです。


…と、ここでお姉さんの紹介を終わるつもりでしたが、もう一つ余談ながら意外な情報を見つけました。

彩乃さんの國學院高校時代の同級生に、タレントの石川恋さんがいます。
そしてびっくりですが、2人は大の仲良しなんだとか…w(゚o゚)w

Ishikawa-Ren.png石川恋さんと言えば、有村架純さん主演の映画「ビリギャル」の単行本版の表紙モデルになりました。

←こちらですね。

現在では本来の黒髪に戻し、すっかり脱ギャルして清楚なイメージになってます。
実生活においても、武蔵野大学でグローバル・コミュニケーションを専攻している、とても真面目で優秀な学生さんです。

タレント活動としては、ファッション雑誌『JELLY』のモデルを務めたりしています。


そんな石川さんですが、オフィシャルブログでも黒後彩乃さんのことを「親友」と呼んでいます。
石川さんは高校時代はチアリーディング部で活動していたそうなので、強豪の女子バレー部とも何らかの縁があったのかもしれませんね。


そんな親友の妹で大評判の愛さんに、石川さんも並々ならぬ眼差しを注いでいたようで、今年の春高バレーには彩乃さんと一緒に東京体育館に駆けつけたそうです。

そのときに、石川さんと一緒にカメラに収まった現在の彩乃さんが
↓↓こちらです。
Ayano-Ren.png手前が石川さんで、右後ろが彩乃さん。

そう言えば、目を細めた弾けるような笑顔も、妹の愛さんにそっくりですね(●^^●)

画像:石川恋オフィシャルブログ


優勝を決めた愛さんも、試合終了後に石川さんと記念撮影。
その画像は、下の記事にありますのでご覧ください。

【黒後愛さんの全てが分かる④】画像多数★可愛い・爽やか・カッコいい!







④ 愛さんの叔父、黒後昭さんは、愛さんと彩乃さんの中学時代の師匠


さらに、愛さんと彩乃さんの叔父に当たる黒後昭さんは、愛さんと彩乃さんがプレーした宇都宮市立若松原中学校バレー部の監督です。

その若松原中学校も、地区大会や県大会で何度も優勝を果たし、地元では強豪校として知られているようです。


この中学時代に叔父の昭さんの指導を受け、愛さんも彩乃さんも都道府県対抗大会のメンバーに選出されるほどの力を身に付けました。

この黒後昭さんも、きっとお父さんの洋さん同様、バレーボールの名指導者なのでしょう。

このように愛さんは、ご両親から引き継いだ素質も、バレーに取り組んだ環境も非常に恵まれています。
まさにバレーボールのサラブレッドとなるべくして生まれてきたと言えるのかもしれません。


2.黒後愛さんの普段の生活は?


① 厳しい練習の中でも、楽しい寮生活。


現在は栃木県の親元を離れ、成徳バレー部のチームメイトと5人で暮らしている黒後さん。
成徳バレー部「のぞみ寮」で、賑やかな楽しい寮生活を送っています。

Mozomi-ryo.jpg
画像出典:フジテレビ「すぽると!」

気心しれたチームメイトと、気遣いのある優しい寮母さんに囲まれ、笑顔の絶えない毎日を過ごしているようです。

厳しい強豪校でバレー漬けの生活ですが、そんな中でも一番の楽しみは食事だとか。

特に牛乳が大好物?なのか、とにかく牛乳をたくさん飲むそうです。
1回の食事で、1Lパック1~2本を空けることもあるとか。

「ご飯より牛乳の消費量のほうがすごい」と愛さん自身が認める飲みっぷり。


ただ愛さん本人は、「(みんなの中で)一番たくさん飲むでしょ?」との周囲からの声に笑いつつも首を振って否定していますから、ひょっとすると、好きで飲んでいるというよりむしろ『背を高くしたい』等の思いから意識して飲み始め、それが習慣になっているのかもしれませんね。

(BS朝日「スポーツクロス」2014年12月19日放送 より。
下記のリンクからこの番組の動画が見られます)

【黒後愛さんの全てが分かる⑤】動画多数★下北沢成徳優勝&全日本で金メダルのポテンシャル



② 早くも大物の予感…みんなが舌を巻く黒後さんの○○な性格とは?


note.jpgバレーの練習に追われる忙しい日々。

それなのに…少しでも空き時間があると、授業のノートをせっせとまとめ直している愛さん。

←こんなふうに。

画像:BS朝日「SPORTS X スポーツクロス」

元のノートも十分にきれいにまとめられているのですが、それでもさらに整理してまとめ直さないと気が済まないそう。
とにかく几帳面なんです。


さらに、他のチームメイトから「他のことに時間を使ったら?」「人生を損するよ」等と突っ込まれても「いいじゃん、ノート書くの好きなんだから!」と笑いながらやり返します(笑)。

アスリートの御多分に洩れず、かなりの負けず嫌い。
何よりも、真面目で完ぺき主義です。


友達や仲間の前では、いつも明るく元気で笑顔が絶えません。
けれどもその一方で、自分の悩みや苦しみを他人に話すタイプではなく、エースとして注目・期待されるプレッシャーを人知れず抱え込んで苦しんだ時期もあった様子。

けれどもその度に、自らの弱点を素直に捉えて前向きに練習を重ね、多くの試練を乗り越えてきた愛さん。
その甲斐あって、今年の春高バレーでは、最も大きな目標であった優勝を勝ち取りました。

バレーボール選手としても、また人間としても、さらに一回りスケールが大きくなり、優勝インタビューでの弾けるような笑顔が一段と輝いて見えました。

優勝インタビューの様子が、別記事にアップした動画で見られます。↓↓↓
【黒後愛さんの全てが分かる⑤】動画多数★下北沢成徳優勝&全日本で金メダルのポテンシャル


成徳のチームメイトには、愛さんが心を許せる親友も存在するようです。
これからも、ご家族や友達、指導者や仲間にも支えられて、ますます大きな成長ぶりを私たちファンにも見せてくれることでしょう。





③ 本当はとってもお茶目!愛さんの“いかにも女の子”な素顔とは?


コートの中ではスーパースターの愛さんも、バレーを離れればごく普通の女子高生。
とてもお茶目でかわいい女の子です。

◆実は少し…背の高さを気にしている。
中学のときには、身長が校内で2番目に高かった。
教室の入り口でいつも頭が当たりそうになる。現在でも、寮の部屋の入り口にぶつかりそうになるらしい。

「バレーの選手としては(背が高いのは)嬉しいが、女子としては複雑な心境です」と語っています。

◆イラストが得意。
「ミライ☆モンスター」の一場面には、愛さんが友達のバレーソックスに、クレヨンしんちゃんの顔をマジックで丹念に書いてあげているシーンがありました。
Sox1.jpg

できあがった絵は、本当にしんちゃんそっくりでかわいい?
いつも友達から「描いてほしい」とリクエストされるほどの腕前です。

◆ディズニーが大好き!
「春休みにはディズニーランドとディズニーシーに行きました。アナと雪の女王も見ましたよ」とインタビューで嬉しそうに語っています。
アナ雪の主題歌も空で歌えるとか。

◆好物の食べ物は、イチゴ。
宇都宮出身の愛さんですが、名物のギョーザはあまり好きではないそうです(笑)。

大好きな食べ物はイチゴで、愛さんの親戚がイチゴを育てており、春にはたくさんもらって食べるのだとか。
「イチゴを食べてここまで大きくなりました」と笑いながら話すほど。


④ 愛さんに彼氏はいるの?


こればっかりは、本人に尋ねてみないと分からないところですが(笑)。

今のところ、そのような情報やうわさは特に出ていないようです。

下北沢成徳は女子校ですしね。
しかも名門バレー部で、チームメイトと寮生活。
次世代バレーのプリンセス候補として常に注目され、朝から晩までバレーの特訓に励んでいますから、恋愛している暇なんてないのかもしれません。

愛さん自身も、今はバレーボールに集中してより一層強い選手になりたい、という気持ちのほうがきっと強いのでしょう。


3.なんと『セブンティーン』でも黒後さんを紹介!


雑誌『セブンティーン』2014年11月号でも、愛さんのことが紹介されました。
「スーパーJKたちの生きペディア」というコーナーです。

興味のある方は、Amazon にもたくさん出品されていますので一読してみてください。

SEVENTEEN (セブンティーン) 2014年 11月号 [雑誌]


Seventeen1.jpg

一日中ほぼ練習漬け、週3日は学校に泊まり込んで練習、土日はひたすら試合…という愛さんのハードなバレーボール生活がよく分かります。


このセブンティーンの記事の中では「2020年東京オリンピックに出場するのが夢」と語っていますが、他のソースによると、現在では「東京オリンピックに出て金メダルを獲りたい!」と目標も大きくランクアップしているようです。

ぜひ実現してほしいです。
それが可能なだけの、素晴らしいポテンシャルを秘めていますから…。


また女子バレー会には、愛さんの他にも前途有望な逸材が続々と現れていますしね。
金蘭会高校の宮部愛梨(ミヤベアイリ)さんとか、東九州龍谷高校の吉岡美晴(ヨシオカミハル)さんとか…。

その他にも、男子を含め、若い高校生選手や実業団選手が、東京オリンピック強化選手として名を連ねているのを見ると、本当に頼もしい限りです。

※参考リンク:日本バレーボール協会「Project CORE」


黒後さんを始めとして、若い力が弾ける日本のバレーボールチームを、ぜひ私たちもずっと応援していきたいところです。

【関連記事】

黒後愛さんについては、他にも4つの記事に詳しくまとめました。

↓↓下のインデックスページより、お好きな記事にジャンプしてご覧ください。
東京オリンピックのニューヒロインはこの人!黒後愛さん(バレーボール)関連記事

身長・プロフィール・最高到達点、驚異のバレー経歴、毎日のバレー漬けのスケジュールと練習ぶり、春高優勝への汗と涙のドラマ…その他、可愛い・すごい・感動的な画像集…etc.







nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 1

お名前(必須)

黒後愛ちゃん、東レ内定したみたいです。頑張ってほしいですね!
by お名前(必須) (2017-02-04 17:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © ナイス!トピックス All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。